現金化の選択肢

read a message

クレジットカード現金化を行う際には、自分で行う方法と、業者に任せて行う方法があります。どちらの方法にもメリットとデメリットがありますので、自分にとってどちらが都合のいい方法か、しっかり見極めてから利用しましょう。
まず、換金率を高くしたい方向けの方法が、自分でクレジットカード現金化を行う方法です。自分でクレジットカード現金化を行う場合は、ブランド品やゲーム機など、中古市場で値崩れしにくいものを購入します。上手く選べば100%に近い換金率でクレジットカード現金化ができるでしょう。
ただ、この方法は時間と手間がかかってしまうというデメリットがあります。現金化に利用する商品を選択する際は、中古市場で高価買取されているものを入念に調べる必要があります。同じ商品でもお店によって買取金額が増減することもありますので、なるべく高くで買い取ってくれるお店を探す必要があります。この事から、実際にクレジットカード現金化を行う前に時間と手間がかかります。
この手間を惜しんだ場合は如実に換金率が下がりますので、必ず妥協はしないようにしましょう。

これに対して、業者に依頼して現金化を行う場合は、手っ取り早く手続きができるのがメリットです。業者を利用する場合は、業者が用意する商品を購入し、そのまま業者に商品を転売するという形だけの売買になるので、非常に手っ取り早く現金を得ることができます。最短5分程度で現金化ができますので、急いでいるときには選択の余地がないといえるでしょう。下調べなしでもある程度の換金率が約束されていますので、安心して利用できるともいえます。
ただ、デメリットとしては、手数料がとられることが挙げられます。業者利用の現金化の場合、商品を購入した時の金額と、実際にもらえる金額に大きな差が生じます。この差は手数料によるものなので、業者利用の場合は少し換金率が下がってしまうのです。

手間と時間をかけて最高の換金率を目指すか、手っ取り早いかつ安全な方法で現金化を行うかは自分で決めることができますので、しっかり考えてから行いましょう。
現金が至急必要な場合は業者という選択肢しかありませんが、業者の中でも換金率が高めなものを選びましょう。